テディ・ボーイ

今回はイギリスはロンドンっ子の不良スタイルについて調べてみます。

使うはおなじみファッション用語辞書(笑)


では、テディ・ボーイ・ルック

'50年代初めにロンドンの下町に登場したファッションで、エドワーディアン・ルックのひとつ。
テディとは英国国王エドワード7世の愛称で、彼が流行らせたとされる英国紳士の華麗なスタイルをヒントに誇張させたもの。ウエストがフィットした裾広がりの長い上着と細身のパンツが特徴で、靴は厚底のモンクストラップを履き、ヘアスタイルはリーゼントが主流であった。

ふむふむ、テッズですね。


では、エドワーディアン・ルックを調べてみますか。

オシャレ通で知られる英国国王エドワード7世が流行させたといわれる服装をモチーフにしたファッションで、フロック・コートやフロック・スーツのような優雅なスタイルを指す。丈の長いジャケットと細身のパンツが特徴である。

なるほど、そのまんまですね(汗)


挿絵もビミョ〜な感じであんまり笑えんなぁ


別に笑えるの探してたわけじゃないか^^;


エドワーズ・ジャケットなんかはネオロカ系になっちゃうんでしょうか?
ブラック・キャッツが着ているイメージが強いですね!

だいたいにして細身という時点で見失ってますけどね(笑)


ロンドンっ子らしいスタイルでオシャレさんですねこのスタイルは。


あんまりおもしろくないけど、テディ・ボーイ・ルック

http://www.midcentury50s.com/gazou/blog02.jpg

この記事へのコメント
いえ・・・充分笑えました(≧∀≦)
この頭は、どうなってるんでしょ(笑)
Posted by デコ at 2007年02月08日 21:59
あともみあげが晩年のエルビスみたいになってるんですよね(笑)
ジャケットもビミョ〜な感じですね・・・
この挿絵を描いてる人のセンスなんでしょうかね?
Posted by ミッセン at 2007年02月08日 22:23
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33206921

この記事へのトラックバック

映画の感想
Excerpt: 映画を見た感想を書いています。今後もどしどし記事を増やしていこうと思っています。
Weblog: 映画@DVDの旅
Tracked: 2007-02-09 09:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。