衝撃!ロックンロール・ルック

前回宣言したように、今回からはファッションネタでいきます!

50'sに関するブログなので、まずはこれからいかないとやっぱりダメでしょってことで、50'sについてファッション用語辞典を使って調べてみます。

なになに、まずは「フィフティーズ(50's)」から

フィフティーズは1950年代のという意味で、1950年代調の装いをフィフティーズ・ルックという。

なるほど、当たり前のことが書いてあります。
じゃあ、次は「フィフティーズ・ルック」を調べてみますか。

1950年代に見られた特徴的なスタイルの総称で、大きくは2通りに分けられる。
@ディオールやバレンシアガに代表されるエレガントなオートクチュール風ファッション。
A50年代のアメリカの若者風俗に見られたファッションで、ロックンロール・ルックと同じ。

となってます。
@はニュー・ルックと呼ばれたりしますね。50年代にオードリ・ヘップバーンが着ていたものをイメージしてください。それです。
Aはかなり気になりますね!ロックンロール・ルック^^ 


それでは、気になるロックンロール・ルックを見てみますか。

ロックンロールは、50年代に流行した音楽で、黒人音楽のR&Bにカントリー・ミュージックの要素を加えた激しいテンポのリズムを特徴とする。その音楽やダンスを愛好する若者たちはロックンローラーとよばれ、彼らに見られたファッションを指していう。男性はリーゼント・ヘアに革ジャン、スリムジーンズ、女性はポニーテールにサーキュラー・スカートといったスタイルが主な特徴。

とあります。
なかなかスルドイですね(笑) 典型的なローラーといった感じのスタイルでしょうか。
でも、50'sルックとは同じじゃないですよねぇ〜? 
50年代の若者はこんな格好してませんよ!しかも挿絵がウケます(爆)
まぁあくまでファッション(ルック)なんで、間違ってはいないですね。

こうなるとリーゼント・ヘアとか調べたくなっちゃいますね!
けど、それは次回にしましょう。


衝撃のロックンロール・ルックはこちら(笑)
http://www.midcentury50s.com/gazou/blog01.jpg


この記事へのコメント
え・・・この笑ける挿絵のモデルは私ですか?(笑)
確かに実際の50年代の若者は
こんな格好してないですね、きっと(^^;
Posted by デコ at 2007年02月05日 19:14
イメージ的には完全にデコさん系ですね^^

それより男のひざはどうしたんでしょうね?(爆)
Posted by ミッセン at 2007年02月05日 20:58
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。