50's古着の定番ギャバジャン

前回古着についてサラッと説明しましたが、今回からもうちょっと古着について書きたいと思います。

50's古着のシャツについては前回かきましたが、あくまで一般的なことで、あれがすべてではないのであしからず!

で、今回はブルゾンについて軽く触れておきます。当時一般的なブルゾンとしてギャバジャンが多く着られていました。このギャバジャンとは現代の俗称的な呼び方でギャバジン織のジャンパーを略してギャバジャンと呼んでいるんですね。ちなみにギャバジン織とは丈夫な織り方をした生地のことで、当時はシャツなどもギャバジン織のものが多かったようです。
ギャバジャンの他にもスウィングトップ、ドリズラーなどのジャンパー系も古着としては人気があります。

そして当時一般の若者が着ていたかどうかは定かではありませんが、はずせないのがナッソージャケットです!
エルビスが愛用していたことでも有名ですが、エディ・コクラン、ジョニー・バーネットなどの有名歌手も好んで着ていたようです。
古着市場ではあまりお目見えしませんが、たまに見かけるとやはり高価ですね。でも普段着れないと思うので、やっぱりステージ向き?かもしれないですね。

ギャバジャンの多くは、リバーシブルで肩パットが入っていて、裾にリブが入っています。柄はシャツと同じで切替しやカスリ、ネップなどが入っている生地のものは人気が高く高価です。その他アーガイル柄なども人気がありますね!50'sといったらアーガイルという位定番ですからね。

古着屋さんでこのような古着が定番で置いていた時代には2〜3万はしていましたが、逆にこの辺のアイテムは今だと安く掘り出せるんじゃないですかね!一般の商品に埋もれているか、高い値段でディスプレイされているかのどっちかだと思います。

個人的には好きですが、普通の人は普段着れないですよね・・・ そりゃ古着屋さんも商売ですから売れる商品を置くのが当たり前のことですので、50's古着はだんだんなくなっていく運命なのでしょうかね・・・

自分もそうですが、流行など関係なく自分の好きなものを着るというのはある程度年をとらないとできないことなのかもしれませんね。(苦笑)

この記事へのコメント
はじめまして
ギャバジンと打ち込んで漫然と見ていたら辿り着きました。(笑)
いいですよね、ギャバの響き。
私ある程度年配になりました(笑)
それこそ80年代が青春時代ですが、
今になると流行とか捨てて着られる気がします。
というか着ていますが、20代の中半〜30代の前半はなんというか
普通の大人になろう・・・
とどうしても努めてしまいがちで私も結構流されてましたね。
50'Sのアーガイル等のギャバジンは今日では凄く高価で
(そんなに着られないと思うのに)
みんなまだ集めているのかな?と不思議に思います。
昔と一桁以上違いますヨ・・・
Posted by Shingo at 2007年04月27日 10:58
どうもはじめまして!ミッセンです。
コメントありがとうございます♪
そうなんですよね。
大人になると、周りを気にして普通を装ってしまうんですよね・・・
それこそ10代のときはウエスタンシャツに
ループタイして歩っていましたからね^^;
さすがにいまでも恥ずかしいですけどね。

Posted by ミッセン at 2007年05月05日 10:21
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31212630

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。