エルヴィスに抱かれたギターたち

51DVKQXB6KL._AA240_.jpg 詳しくみる

またまた、ビリーさんの著書「エルヴィスに抱かれたギターたち」を読んで、
ビリーさんのエルヴィス●ち●いともいうべきマニアッぷりに舌を巻きました!

いやぁ〜 1枚の写真に写っているギターや録音時のビミョウな音の違いでから、
ありとあらゆる発想ができるビリーさんはやっぱすごい!
まぁ、今更ビリーさんのことをすごいと捲し立てても、そんなことは百も承知しているので、
そこは置いておいて。。。

今回はギターについてです。
といっても、あれこれうんちくはないですよ。^^
実はオイラもギターを弾くのですが、多分弾くうちに入らないでしょう・・・
ビックリするくらいヘタクソですから^^;
基本的な3コード、4コードくらいは分りますが、コードのみですね。
大好きなギャロッピンを弾きたいところですが、さっぱり弾けません。
そこで、なぜこんなに弾けないのか考えてみました。

第1の理由
まともな練習をしたことがない!

当たり前です!練習しなければ弾けるはずがありません。
でも、これにはちゃんとした?理由があります。
いまから遡ること20年前・・・
えっ、20年って・・・
いつの間にやらそんなに年をとってしまったのね・・・

アニキの影響で中学にあがる頃にはロカビリーを聴くようになっていたオイラは、
当然聴く音楽といったら、ロカビリーやロックンロールばかりでした。
中学にあがると色気づいてバンドをやりだす連中も増えてくる訳です!
当時はみんなBOOWYのコピーバンドばっかりでした。
そこで、オイラの仲間連中でもバンドをやろうぜ!
ということになり、じゃあなにやるって話になったときに、みんなの意見を押し切って
オイラが出した答えは、ブラック・キャッツとヒルビリー・バップスのコピーバンドでした♪
オイラとしては当然の選択だったのに、周りがついてこれず結局やらず仕舞でした。

そんな理由で、まともな練習もしたことなく、ひとりさみしく部屋でギターを弾いていた
ではなく、眺めていました・・・

第2の理由
オイラは左利きなのに、右利きのギターを使っていたので、弾きにくいから。

第3の理由
指が短い。特に親指が・・・

これらの理由で、オイラをギターから遠ざけていき、
ろくな練習もせずに今まで生きてきてしまったのです。
振り返れば20年、ちゃんと練習すればよかった。。。

これからでも遅くないかなぁ・・・
もっかい練習してみよう。


月曜のPM7:00からはコレ♪

最近月曜の楽しみが増えました!

PM7:00から全国ネットで放送しているラジオ番組
「geneのロックンロール・パラダイス」を聴くのが楽しみなのです♪
今までは、福島県は本宮限定の超ローカル番組だったので、
放送したものをCDに焼いてもらってきいていましたが、
さすがはgeneさん!番組スタートしてから3ヶ月くらいでなんと全国放送です♪
しかもネットでも聴けちゃうってすごいですよね!
リスナーとしてはうれしいかぎりですけどね^^

皆さんも一度聴いてみてください♪
geneさんのDJぶりも、素人の域は完全に超えましたね!
今日もイカした選曲で楽しませてくれることでしょう♪^^


インターネットで聴く場合は、下記のURLをクリック
http://fm-motcom.miemasu.net/CgiStart?page=Top&Language=1

画面上のシングルをクリックするとスタジオ画像がでるので、
スペースかエンターを押して、アクティブ化を解除すれば聴けますよ♪

こちらがブログです。
「geneのロックンロール・パラダイス」
http://www.fm-mot.com/bangumi_blog/generrp/


月曜のPM7:00は「geneのロックンロール・パラダイス」でキマリでしょう!

さすがエルヴィス通のビリー諸川会長!

最近、ビリーさんの著書の1つである
「50年代のエルヴィス全曲」という本を読みました!

517AMCY528L._AA240_.jpg詳しくみる

いやぁ〜 マニアックです♪
すご過ぎますね!ビリーさんのエルヴィス通は!
1つの音源の声の張りやキーの違いなどから、よくもここまで分析できるのかと
ほんとビックリしてしまいます。
エルヴィスファンにはたまらない最高の1冊ですよ♪

前にロカビリーとロックンロールの違いをサラッと書きましたが、
この本を読んで、またちょっと考え方が変わりましたね。

今でこそ、ロカビリーはシャッフルだ、ビャロッピンだ、スラップだ、となっていますが、
それは単にエルヴィスを中心にスコッティ・ムーア、ビル・ブラック、サム・フィリップスが
創造した新しい音楽を指しているだけなんですよね。

黒人のような歌い方をするエルヴィス、
カントリーバンドでビャロッピンギターを使うスコッティ、
同じくカントリーバンドでスラップベースを使うビル、
この3人がいっしょにやったから、ロカビリーはあのスタイルになったのです!

やはり原点はエルヴィスなのです!これは間違いないですね!

この本を読みながら、このCD「The Complete Sun Sessions」を聴くと、
当時の録音の様子が目に浮かぶようです♪

51C29Q2WWCL._SL210_.jpg
数あるエルヴィス・サン時代のCDの完全版です。

ビリーさんのエルヴィス通というか、マニアというか、オタクというか、
とにかくエルヴィス研究家としてすごいのひと言です!

復活!

いや〜ごぶさたしております。

約2ヶ月ほど放置・・否!充電しておりました。^^

実は、2ヶ月ほど前にネットでロカビリーのCDを買おうと思って探してみたら、
何気に探すのが大変なんですよね。
ロカビリーというジャンルがあるわけでもないので、名前を打ち込んだら
どれも検索に引っかかってこないじゃないですか!
それもそのはず、カタカナで検索しても引っかかってきません。
かといって、スペルもわからないので結局調べないといけないので、
軽くムカついたんですよね。

それで、ロカビリー関連のCDサイトをつくってしまえば、
いちいち調べなくても買えるやって感じでつくりだした訳です♪

完成するまでブログはちょっとお休みしようと思っていたら、
2ヶ月もたってしまいました。^^;


そしてようやく完成しましたので、CDをお探しの際は、ぜひ活用してください!


↓こちらがそのサイトです↓
ROCKABILLY MUSEUM

3000枚以上集めましたので、結構見るだけでも楽しめると思いますよ♪
これからもいろいろ探して追加していくので、もっとマニアックになっていきますのでお楽しみに!

またブログ復活しますので、これからもヨロシク哀愁〜♪

これが最高傑作!

毎度どうも!またまたファッションチェックの時間がやってきました。
といっても今回で最後にします(涙)

だってこの先やっても50'sからますます離れていく一方なので今回で終〜了

前回モッズをやりましたが、もっと掘り下げてアイビーとか、
みゆき族とかいろいろいきたいところですが、70年にいっちゃいます!

毎回ファッション辞書の挿絵を公開してましたが、実は今回紹介する
パンク・ファッションを見せたいが為の布石だったんです(笑)

前回のモトクロス・ファッションも「はぁ〜!?」って感じで
なかなかわらかしますけど、今回も負けてはいませんよ!


それでは、まずパンク・ファッションの用語説明からいきますか。

70年代半ば、ロンドンの若者風俗から浮上してきたファッションで、「セックス・ピストルズ」に代表される破壊的なパンク・ロックのステージコスチュームから広がったとされる。悪魔的なメークアップ、鋲打ちの黒革のジャンパーや細いパンツ、メッセージ入りの派手なTシャツ、安全ピンやカミソリ、チェーンなどをアクセサリーに使った、反抗的で攻撃性のあるファッションとして知られる。

そして、衝撃の挿絵がこれ↓
http://www.midcentury50s.com/gazou/blog04.jpg


ありえな〜い!!ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!


この挿絵描いてるヤツ天才だな・・・あ〜腹いて〜


つーことで、ファッション編はこれで終了です!
次回からはまたなんか考えて書いてきます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。